軽度なら保存療法で対処

わきがの臭いが気になる場合に、まず試すべきなのは保存療法による対処です。具体的にはどういった方法なのか気になりますよね。まず、臭いのもととなっている雑菌が繁殖しにくいようにわきの毛を全て剃ってしまうのも1つです。剃った上で制汗剤を使用したり、アルコールで消毒をしたりすることで軽度の場合であれば気にならなくなることもあります。また、ボトックス注射を打つことで半年ほど効果が得られるので定期的に打っていれば楽ですよ。

根本治療するならやはり手術

わきがの治療と言えばやっぱり手術ですよね。手術の場合、根本治療になるので手術の後は臭いに悩まされないようになるケースがほとんどです。でも手術ってどんな事をするのか気になりますよね。わきがの手術は基本的には臭いの原因となる汗を分泌しているアポクリン腺という汗腺を切除するという方法になります。具体的には皮膚を切開し裏返して執刀医が目視でアポクリン腺を切除していくのです。物理的に取り除くので臭いが出にくくなるのですね。

切らないで根本治療する新たな治療法

わきがを完全に治したいけど手術は怖いし痕が残るから嫌だっていう人も多いですよね。目立たないようシワに合わせてなど工夫されていますが切る以上痕は残ってしまうものです。そこで、切らない根本治療として近年注目されているのがミラドライという方法です。どういう方法なのか気になりますよね。これは電磁波を照射して汗腺を破壊することで臭いのもとをブロックするという方法になります。切らないので術後のダウンタイムなどもほとんど必要ないのも魅力ですね。

わきがは保険適用で治療できます、手術をすれば治るので困っている人は医師に相談をすれば、解決方法がわかります。