着物姿が似合う女性になりたい!

男性が女性の見た目の中でもグッとくる、素的に感じるポイントはいくつかありますが、根強い人気を誇っているのがうなじです。正面から見た時のメイクは決まっていても、うなじの形がイマイチだったり、毛深かったりすると男性は幻滅してしまいます!着物が似合う後ろ姿もきれいな女性になるにはうなじのお手入れはさぼってはだめ!人気のうなじの形はアルファベットのWに似た形のものか、まっすぐになっているものの二つのタイプです。

レーザー脱毛した後のうなじ

うなじの形には個人差がありますが、理想的な形にデザインしてもらって、しかもその形を半永久的に保っておきたいならサロンで脱毛してもらいましょう。サロンで専門的なスキルを持ったスタッフに処理してもらった後は、アフターケアとして保湿をしてもらえます。肌のケアまで脱毛メニューに入っているんですね。保湿をしてもらっても、施術直後の肌は角質が薄くなって普段よりもデリケートになっています。レーザーの熱を冷却することで赤みも落ち着きます。これは家庭用脱毛器を使う場合も同じです。

UVケアの必要性もあります

うなじのために脱毛サロンに通う期間は平均だと6回くらいです。この間に気を付けたいのがうなじのUVケアです。普段もUVケアをしている人は多いでしょうが、脱毛期間中は特に紫外線に弱くなっているのでいつもよりも念入りにケアしなくてはいけないんです!UVケア用のグッズはネックウォーマーや、日傘など専用のクリームを使わないものも多く出ていますから、肌の弱い人やクリームを使いたくない人はこれらを使ってカバーしましょうね。

医療脱毛の一番のメリットは自分で行うよりも仕上がりや後の手入れが楽な所です。一度施行してしまえば数ヶ月もつのでオススメです。

医療脱毛なら横浜はこちら
お問い合せ